ニュースリリース

デロイト トーマツ グループは、東京レインボープライド2019を応援します

誰もが自分であることを誇れるインクルーシブな社会を目指して

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区 CEO:永田高士)は、4月28 日(日)・29日(月)の日程で開催するアジア最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2019」を、ブロンズスポンサーとして応援します。

2019年4月24日

東京レインボープライドについて

本イベントは、LGBTをはじめとするセクシャル・マイノリティ(性的少数者)が、差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現を目指し、LGBT当事者ならびにその支援者(Ally)と共に多様性を祝福し、つながる場を提供することを目的に1994年から開催しているイベントです。日本で初めてプライドパレードが開催されてから25年を経た今年のテーマは「I HAVE A PRIDE」。ひとりひとりの「PRIDE」が尊重され、輝くこと、そして「私=I」から「私たち=We」へ「PRIDE」が結びついていくことを表現しています。


デロイト ト―マツ グループの東京レインボープライドへの参画について

デロイト トーマツ グループは、2018年から東京レインボープライドに参加しています。今年も4月28日・29日には会場となる代々木公園内にブースを設置します。年齢・性別問わず参加者の方に楽しんで頂けるようなフォトブースやフォトプロップス等をご用意しています。また、4月28日にはデロイト トーマツ グループの社職員が「プライドパレード」に参加します。


東京レインボープライド 2019

東京レインボープライド2019のキービジュアルについて
国内外で高い人気を誇るアーティスト花井祐介氏による書下ろし。年齢・性別・国境を越えて、すべての人があるがままを誇れる社会の実現への願いが込められています。

 

デロイト トーマツ グループのLGBTに関する取り組み

デロイト トーマツ グループでは、LGBTに関する取り組みを、ダイバーシティ&インクルージョンの重点テーマの一つとして位置付け、職場における性的指向や性自認における多様性が理解され、互いが尊重され、全社員・職員が「自分である」ことに誇りをもちながら、自己最大のパフォーマンスが発揮できる環境作りを推進しています。こうした取り組みに対し、2018年に職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取り組みの評価指標である「PRIDE指標」で最高位の「ゴールド」を獲得しました。

<LGBT に関する主な取り組み>
  • LGBTを考慮した制度策定及びルール見直し
    LGBTメンバーが働きやすい環境の構築を目指し、福利厚生においては同性パートナーも対象となるよう変更。また、各種規程・制度等の整備・見直しを実施中。
  • LGBT相談窓口の設置
    当事者をはじめ、プロジェクトチームメンバーや部下にLGBTを持つ社員・職員が様々な悩みを相談できるLGBT相談窓口を設置。
  • LGBTに関する研修の実施
    社内当事者や外部講師を招聘し、LGBTへの理解促進のための研修を実施。
  • 誰でもトイレの設置
    二重橋ビル新オフィスの各階に、ジェンダーに関係なく誰でも使用できるトイレを設置。
  • LGBT Ally ネットワークの組成
    LGBT当事者およびLGBTの人たちを理解し、受け入れ、またその活動を支持・支援するAlly ネットワークをグループ横断的に組成。

<報道機関の方からのお問い合わせ先>
デロイト トーマツ グループ広報担当 菊池
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6720-8920
Email: press-release@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社並びにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの提携法人のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)および各メンバーファーム並びにそれらの関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/aboutをご覧ください。
デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの提携法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パブアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港およびマカオを含む)、フィリピンおよびベトナムでサービスを提供しており、これらの各国および地域における運営はそれぞれ法的に独立した別個の組織体により行われています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連する第一級のサービスを全世界で行っています。150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じFortune Global 500® の8割の企業に対してサービス提供をしています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約286,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。