ニュースリリース

デロイト トーマツとリンカーズ、オープンイノベーションにおける技術系M&Aで協業

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーが提供する「M&A関連プロフェッショナルサービス」とリンカーズが展開する「ものづくり系マッチングサービス」が連携。日本の大手・中堅企業の技術課題解決に向けた、ソーシング(案件発掘)からクロージングまでを加速する新たなM&A支援サービスの取り組みを開始

2019年10月3日

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 福島 和宏、以下DTFA)とリンカーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 前田 佳宏、以下リンカーズ)は、日本企業による技術獲得を目的とするM&Aニーズに対して、協業を開始します。

デロイト トーマツとリンカーズ、オープンイノベーションにおける技術系M&Aで協業

近年、スピードを増すイノベーションとそれを取り巻く国内外市場の環境変化に対し、日本の大手および中堅企業は競合との差別化等を図るために技術を外部から獲得するニーズが高まっており、こうしたニーズを充足させるために提携だけではなくM&Aを選ぶケースも多くなっています。加えて、企業間の「技術的親和性」はM&A後の事業成功に欠かせない要因であり、シナジーを生む技術を有する企業を幅広く探索・特定し、迅速にM&Aを実行することがますます重要になっています。一方、事業承継に悩むものづくりオーナー企業が増える中、技術を起点においたM&Aの可能性は広がるものの、売却希望企業の潜在ニーズが顕在化しにくいことも課題として浮き彫りになっています。

リンカーズとDTFAは、今回の協業を通じて、日本の大手・中堅企業の新規事業展開や事業拡大における研究技術開発、量産時等の技術課題に対し、リンカーズの顧客企業ネットワークを通じたテクノロジーを切り口にした迅速なM&Aを協力して支援することで、課題解決を加速します。具体的には、有用技術を持つ企業の発掘・面談支援等によるマッチング、M&A取引の実行、さらにクロージングまで含めた一連のM&Aプロセスにおいて、それぞれの強みを活かしながら連携したサービス提供を行います。

ものづくり系マッチングプラットフォーム「Linkers」を運営するリンカーズは、日本のものづくり候補企業データベースにて12,000アカウントを保有し、また現場に精通したコーディネーターによる目利きと、ITを駆使した高精度な検索システムを掛け合わせ、技術課題がある企業とそれを解決する技術を有する企業とのマッチングサービスを提供しています。また、DTFAはM&Aに関する戦略、取引、統合までの一貫したプロフェッショナルサービスを様々な業界ごとの深い知見を活用して提供しています。今回の協業による新しいM&A支援サービスの取り組みにより、リンカーズのマッチングから生まれたM&Aニーズに対して、DTFAがM&A取引の実行に係るプロセス管理・デューデリジェンス対応支援・契約交渉支援およびクロージング実行支援等までを一貫して実施することが可能になり、変化の速い時代に対応した迅速な支援を加速していきます。

 

【リンカーズ株式会社の概要】
会 社 名: リンカーズ株式会社(http://linkers-net.co.jp/
所 在 地: 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-2-2 日本橋本町YSビル
代 表 者: 前田 佳宏
設   立: 2012年4月
資 本 金: 1億9,600万円
事業内容: ・ものづくり系マッチングサービス「Linkers(リンカーズ)」(https://linkers.net/)の運営
・金融機関向けマッチングシステム「Linkers for BANK」の提供
・Web展示会システム「eEXPO(イーエキスポ)」(http://eexpo.jp)の運営

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ広報担当 菊池、張
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6213ー3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、ならびにそのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよびそれらの関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連する第一級のサービスを全世界で行っています。150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービス提供をしています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約286,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。