ニュースリリース

伊Cognitive Technology社が展開するプロセスマイニングツールの導入支援およびアドバイザリーサービスを開始

業務改善から、労務管理・不正監視・内部監査デジタル化など様々な企業の課題解決を支援

2020年6月24日

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ リスクサービス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 木村研一、以下DTRS)は、伊Cognitive Technology社が開発したプロセスマイニングツール「myInvenio」の日本販売代理店であるハートコア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:神野 純孝)と再販売契約を締結し、このたびプロセスマイニングツール導入支援およびそれに関連するアドバイザリーサービスの提供を本格的に開始します。

プロセスマイニングは、ERPをはじめとする様々な業務システムから抽出したデータをもとに業務プロセスを可視化し、逸脱プロセスの発見や処理件数および時間の定量分析を行うことで、業務上の問題点を迅速に特定する技術です。従来の手作業による業務分析ではなく、ログを直接全件分析するため、分析結果の正確性・客観性が高く、また抽出データから目的毎のダッシュボードを作成することで、複数のビジネス用途に活用できます。

今回の再販売契約締結により、DTRSはプロセスマイニングツールの導入支援と共に、プロセスマイニングの特徴を生かした課題やリスクの特定を起点とするアドバイザリーサービスを提供していきます。本サービスの提供開始に伴い、デロイト トーマツ グループのリスクマネジメントに関する知見を活用し、企業の「業務改善」、「モニタリング・不正監視」、「内部監査のデジタル化」の3つの領域における以下の課題解決の支援を強化していきます。

  • 業務改善:社内管理業務のさらなる自動化・効率化、内部統制と業務改善の双方の高度化実現など
  • モニタリング・不正監視:労務管理(下記具体例参照)、リスクシナリオにもとづいた不正監視、海外・地方等拠点管理や外部委託先の管理など
  • 内部監査のデジタル化:デジタル証跡の取得(タスクマイニング)や監査テーマに応じたダッシュボード策定など

プロセスマイニングツールの活用具体例として、導入が急増しているリモートワークにおける労務管理が挙げられます。プロセスマイニングと共にPCのログ解析を行うプロセスマイニングツールの拡張機能であるタスクマイニングも活用することで、従業員が使用したアプリケーション、そこにかけた時間および行った操作が可視化され、無駄な業務の洗い出しを行うことができ、業務効率化やリモートワークの課題である労務管理が実現できます。また、リスクシナリオに応じた不正の発見などへの活用も可能なため、企業のコンプライアンス強化にもつながります。

デロイト トーマツ グループは、これまでRPA(Robotic Process Automation)、BPR(Business Process Re-engineering)、BPO(Business Process Outsourcing )等、業務プロセスの効率化や高度化に資するプロジェクトを多数手がけてきました。DTRSは、これまでの知見とプロセスマイニングで先行するグローバルのデロイトのノウハウを活用し、本サービスを提供いたします。

デロイト トーマツ グループが提供するプロセスマイニングツールの詳細や事例はこちらをご覧ください。

 

ニュースリリース全文(419KB, PDF)
プロセスマイニングを活用したアドバイザリーサービスの内容
※クリックまたはタップして拡大表示できます

デロイト トーマツ グループは、日本最大規模のプロフェッショナルサービスファームとして有する圧倒的な専門性・総合力と、データ・アナリティクスやデジタル・テクノロジーに関する最先端の実践的知見を融合することで、経済社会や産業の将来像を指し示し、その実現に必要とされる経営変革と社会イノベーションを加速させる「経済社会の変革のカタリスト」となることを目指しています。なかでも、デジタルトランスフォーメーションによる企業変革の支援を重要テーマに据え、最先端技術により収集可能となったビッグデータからの知見を日本企業が最大限に活用するために、データサイエンティストや多様なビジネスプロフェッショナルとの連携を加速していきます。

myInvenioについて

myInvenioは「Cognitive Technology」が開発したプロセスマイニングサービスで、欧州の大手企業をはじめ、900社以上の導入企業の実績があり、「Gartner, Market Guide for Process Mining, Marc Kerremans, 3 April 2018」では、myInvenioの開発ベンダー「Cognitive Technology」は、プロセスマイニング市場における“代表的なベンダーの1社”と称されています。

日本では2019年にハートコア株式会社が独占販売代理店として日本市場への展開を開始しています。
詳細はhttps://www.my-invenio.com/でご確認ください。
 

ハートコア株式会社について

デジタルトランスフォーメーション(DX)を支える様々なソリューションを開発・販売しており、特にデジタルマーケティングテクノロジーを利用したCMS・CXMの分野においては、4年連続でシェアNo1を獲得するマーケットリーダーです。

DX分野においては、プロセスマイニングツール「myInvenio」と、タスクマイニングツール「Controlio」、RPAツール「HeartCore Robo」を展開しています。詳細は https://www.heartcore.co.jp/ でご確認ください。

<報道関係者からの問い合わせ先>

デロイト トーマツ グループ  広報担当 菊池、真木
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6213-3210 Email: press-release@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するプロフェッショナルサービスの分野で世界最大級の規模を有し、150を超える国・地域にわたるメンバーファームや関係法人のグローバルネットワーク(総称して“デロイトネットワーク”)を通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービスを提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約312,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。