ニュースリリース

新型コロナウィルス対策支援寄付の取り組みが日本ファンドレイジング協会の特別賞を受賞

オンラインで行った社内施策が優れたファンドレイジングの事例として評価され、新型コロナ支援枠特別賞を受賞

2020年9月14日

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、新型コロナウィルス(COVID-19)により生じている様々な社会課題を解決するため、オンラインを活用したCOVID-19対策支援寄付の仕組みを構築し、その取り組みが日本ファンドレイジング大賞で設けられた「新型コロナウィルス支援枠」の特別賞を受賞しました。

当グループでは、COVID-19がもたらした社会問題やあきらかになった社会課題の中から困窮者支援・医療支援を目的に、①中央共同募金会(A子どもと家族の緊急支援活動応援、Bフードバンク活動応援、C居場所を失った人への緊急活動応援の3件)、②NPOフローレンス、③日本赤十字社(愛知県、宮城県、神奈川県、静岡県、大阪府、東京都、福岡県の各支部)、④NPO国境なき医師団日本の中からグループメンバーが寄付先を選び、社内の仕組みを通じて寄付を行い、2020年5月26日~6月25日の期間に総額で約10,440,000円の寄付金を集めることができました。

オンラインで行った社内施策を通じて、社員一人ひとりが寄付をするきっかけをつくる取り組みが非常に先駆的なもので、他の会社の参考になるものとして、日本ファンドレイジング協会から顕彰されました。

 

オンラインを活用した寄付の仕組み

グループメンバー全員が原則在宅勤務を行っていることから、募集期間中は社内メールやイントラネットを通じて活動を発信し、リモート会議開催時にも協力を呼びかけました。また、寄付先の各団体の協力を得て、メンバーが任意で参加できるオンライン説明会を企画・開催し、寄付先団体および活動への理解を深めました。さらに、給与天引きおよび健康保険組合のカフェテリアポイント利用による寄付の仕組みを構築して、リモート環境下のメンバーの手続きを簡素化するとともに、いつでも寄付を行えるようにしました。

当社は、このたび構築したオンライン社内募金の仕組みを今後も活用するとともに、プロフェッショナル サービスファームとして、その経営理念に基づき、さまざまな活動を通じて社会課題の解決に貢献します。

お知らせ全文(PDF, 591KB)

<報道機関の方からの問い合わせ先>

デロイト トーマツ グループ広報担当 真木
Tel: 03-6213-3210 Email:press-release@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するプロフェッショナルサービスの分野で世界最大級の規模を有し、150を超える国・地域にわたるメンバーファームや関係法人のグローバルネットワーク(総称して“デロイトネットワーク”)を通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービスを提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約312,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。