ニュースリリース

デロイト トーマツ、ローコードプラットフォーム導入でOutSystemsジャパンと協業を開始

OutSystemsジャパンが提供するローコードプラットフォームを活用し、多くの日本企業が抱えるレガシーシステムに対し、モダナイゼーションを推進

2022年6月2日

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長:佐瀬真人、以下「デロイト トーマツ」)は、OutSystemsジャパン株式会社(以下「OutSystemsジャパン」)とローコード開発プラットフォーム※「OutSystems」の導入による企業のシステムモダナイゼーションに関して協業を開始しました。

※ローコード開発プラットフォームとは、ドラッグ&ドロップによる視覚的な開発が行える開発プラットフォームです。直感的な視覚操作で開発が行えるため、開発期間の短縮や生産性の向上が期待できます。

急激な市場や顧客ニーズが変化する中、企業のITシステムはデジタルトランスフォーメーションに向けて様々な課題を抱えています。ウォーターフォール型の開発手法による開発長期化が人的コストの増大、成果物と市場要求のミスマッチを招くほか、外部ベンダー任せの品質管理や開発プロセスの不統一など、本来あるべき「ビジネスの意思決定に基づき、より柔軟に、早く・手軽に、誰でも、より正確にシステム構築と市場へのサービス投入が行われるITシステムの理想像とは乖離しています。

そこで、デロイト トーマツでは、近年技術進歩が目覚ましいローコードプラットフォームの企業ITシステムへの導入を推進することで、上記の課題を解決すべく、ローコード開発プラットフォームで多くの実績と評価を得ているOutSystemsジャパンと協業し、ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」の導入による企業のシステムモダナイゼーション、デジタルトランスフォーメーションを支援します。

協業において、デロイト トーマツはグローバルで有するローコードソリューション活用の豊富な知見をもとに、構想策定から導入までを支援します。特に、高度なITスキルを有さずとも設計開発が可能なローコードプラットフォームだからこそ、開発者を束ねる観点で必要とされる統制を目的とした専門組織(CoE:Center of Excellence)の立上げなども支援します。また、OutSystemsジャパンはその卓越した開発テクノロジー基盤をもとに、ローコード開発の支援をします。

本協業に関するサービスの詳細は以下、担当者までお問い合せ下さい。

<サービスに関するお問い合わせ先>
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
TD&Mユニット 担当:守屋 孝文 TEL:03-5220-8600

Low-Codeプラットフォーム活用によるシステム移行アプローチ
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

「OutSystems」について

「OutSystems」は、視覚的にアプリケーションを開発できる「ローコード開発プラットフォーム」※です。アジャイル開発に不可欠なアプリケーションライフサイクル管理も可能であり、システム内製化の取り組みを推進しスピーディーで柔軟なシステム開発を実現します。

「OutSystems」製品詳細(リンク先:https://www.outsystems.com/ja-jp/

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ 広報担当 高橋、内山
Tel: 03-6213-3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万5千名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務、法務などに関連する最先端のサービスを、Fortune Global 500®の約9割の企業や多数のプライベート(非公開)企業を含むクライアントに提供しています。デロイトは、資本市場に対する社会的な信頼を高め、クライアントの変革と繁栄を促し、より豊かな経済、公正な社会、持続可能な世界の実現に向けて自ら率先して取り組むことを通じて、計測可能で継続性のある成果をもたらすプロフェッショナルの集団です。デロイトは、創設以来175年余りの歴史を有し、150を超える国・地域にわたって活動を展開しています。 “Making an impact that matters”をパーパス(存在理由)として標榜するデロイトの約345,000名のプロフェッショナルの活動の詳細については、(www.deloitte.com)をご覧ください。