ナレッジ

PCAOB 2015年検査の焦点を概説

2015年検査サイクルの要点を提供するPCAOBスタッフ検査ブリーフの公表

検査プロセスとその結果が監査人、監査委員会、投資家および財務諸表作成者により良く理解されることを目的としています。2015年検査サイクルは、過去数年間に検査官が重要な不備を発見した分野に加え、経済環境から発生する潜在的なリスクに係る分野に焦点を置きます。<Audit Committee Briefニュースレター2015年10月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2015年10月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。
・PCAOB、2015年検査の焦点を概説
・2015年の監査の考慮事項
・ITおよびサイバーセキュリティ統制に関する議論の焦点をリスクに当てることの重要性
・SEC主任会計官、コンバージェンスに関して発言
・PCAOB Dialoguesポッドキャストが監査品質指標に注目
・IIA、SECに全ての公開会社に内部監査人の設置を義務付けるよう要請
・AICPA監査品質センターによる第9回年次メインストリート・インベスター・サーベイ、投資家の信頼感を示す
・SEC、規則S-Xの特定の開示要求の有効性に関するコメントを募集
・FASBのASU案、重要でない開示の脱漏は会計上の誤謬に該当しないことを明示
・PCAOB、最新の基準設定アジェンダを公表

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(213KB, PDF)

関連するリンク

Heads Up Volume22, Issue 35 (2015.10.6)
SEC 規則S-Xや要求された財務情報に関するコメント募集

Accounting Roundup, October 2015
2015年10月米国における会計・監査・規制動向

お役に立ちましたか?