ナレッジ

監査委員会、増大する開示の要求について議論

外部監査人の監督に関連し、今シーズンに委任状開示を拡大することのリスクと便益について考察

コンプライアンス・ウィークの記事では、監査委員会が、特に外部監査人の監督に関連し、今シーズンに委任状開示を拡大することのリスクと便益について考察していることが指摘されています。<Audit Committee Briefニュースレター2016年3月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2016年3月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。
詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
・監査委員会、増大する開示の要求について議論
・サイバーセキュリティおよび外部監査への理解
・監査委員会との対話:内部監査において今後取るべき道
・内部監査人協会(IIA)、内部監査実務の水準向上を図る
・SEC、年次会議で優先事項の概要を説明
・経営者によるレビュー統制に関する合意
・COSOのERMの最新情報で、リスクに関する議論の活発化を図る
・CAQのビデオで、PCAOBの優先事項等の重要課題を検討
≫英語版

(155KB,PDF)
お役に立ちましたか?