ナレッジ

留意すべき非会計基準測定尺度

SECは非会計基準測定尺度について、その使用の増加に対応し厳しい目を向けています

SECは非会計基準測定尺度について、その使用の増加に対応し厳しい目を向けています。その結果、企業および監査委員会は、当該測定尺度の開示に関して、自身の非会計基準測定尺度および関連する内部統制や手続の見直しを検討する必要があります。<Audit Committee Briefニュースレター2016年10月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2016年10月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。
詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
・留意すべき非会計基準測定尺度
・10月19日、非会計基準測定尺度による財務報告に関する非公式の講演に参加
・SEC、新基準を適用するためのリーディング・プラクティスについて登録企業に再認識を促す
・サイバーセキュリティ・リスクマネジメントへの取組み
・PCAOBのアジェンダ、最終草案で監査人の報告モデルを示す
・新しい収益認識基準の適用に向けたロードマップ

≫英語版

(592KB,PDF)
お役に立ちましたか?