ナレッジ

監査人の監督に関する投資家向けの情報の増加

2016年監査委員会の透明性の指標

2016年監査委員会の透明性の指標は、監査委員会による外部監査人の監督に関して投資家向けに情報を公表するS&P500企業の数が過去2年間で大幅に増加したことを明らかにしています<Audit Committee Briefニュースレター2016年11月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2016年11月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。
詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
・監査委員会による監査人の監督に関する、投資家が入手可能な情報の増加
・非会計基準測定尺度および企業の統制
・PCAOBと監査委員会との重要なパートナーシップ
・監査委員会による外部監査人の監督をビデオで検証
・会計および監査における革新の推進
・SEC コメントレター–「エドガー」による統計

≫英語版

(375KB,PDF)
お役に立ちましたか?