ナレッジ

米国公認会計士協会(AICPA)全国会議

SECとPCAOBの最近の動向に関する2016年AICPA全国会議のハイライト

会議では現行の会計、報告、監査の実務に関する問題について、SEC、PCAOB、FASB、IASBや他の専門家グループのメンバーによるスピーチと質疑応答が行われました<Audit Committee Briefニュースレター2016年12月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2016年12月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。
・SECとPCAOBの最近の動向に関する2016年AICPA全国会議のハイライト
・監査委員会の収益認識基準への準備に役立つ出版物
・CAQ、「Non-GAAP Financial Measures: Continuing theConversation(非会計基準財務測定尺度:対話の継続)」を発行
・PCAOB常任諮問グループ、監査人と監査委員会との効果的なコミュニケーションのベストプラクティスについて議論
・リスクの高いビジネス:SEC、内部統制に注目
・今後の税務政策に関する決定:2016年の選挙の影響
・SEC、レギュレーションS-Kの最新化と簡素化について報告書を発行
・FASB、株式に基づく支払の取決めに関する修正会計処理の範囲の変更を提案
詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(202KB,PDF)
お役に立ちましたか?