ナレッジ

上院、SECの新委員長を承認

ジェイ・クレイトン(Jay Clayton)氏がSECの新委員長に就任

ジェイ・クレイトン氏は、米国最高裁判所判事アンソニー・M・ケネディ氏の前で第32代のSEC委員長としての就任宣誓を行いました。トランプ大統領に指名されたクレイトン氏は、2017年1月のメアリー・ジョー・ホワイト氏辞任以降SECを率いていた委員長代行のマイケル・ピオワー氏の後任となりました。任期は2021年6月5日までです。<Audit Committee Briefニュースレター2017年5月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2017年5月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。

・上院、SECの新委員長を承認
・監査の再考
・AICPA、サイバーセキュリティのリスク管理に関するフレームワークを発行
・ホワイトハウス、おおむねなじみある税制改革の原則を公表
・SEC主任会計官の見解:発行者は「その他の報告」リスクに対応すべき
・PCAOBでの演説において、監査の品質と将来の監査が強調される
・FASBの新リース基準に関するよくある質問
・新収益認識基準の適用に関連する内部統制の考慮事項

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(262KB,PDF)
お役に立ちましたか?