ナレッジ

CAQ 監査委員会向けツールをリリース

監査委員会のメンバーが監査参加者に関するPCAOBの新たな開示要求を理解する際に役立ちます

この監査品質センター(CAQ)のツールは、監査参加者の役割について、監査委員会がエンゲージメントパートナーや経営者と協議したり、委員会メンバーが新たな開示の結果予測される疑問に備えることを支援します。<Audit Committee Briefニュースレター2017年7月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2017年7月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。
・CAQ、監査委員会向けツールをリリース:フォームAP - 特定の監査参加者に係る監査人報告
・SEC委員長のクレイトン氏、アジェンダの指針となる原則を概説
・新リース基準の複雑性に対処する会議
・デロイト主催の2017年Board Symposiumでのハイライト
・CAQのビデオ、財務報告に係る内部統制などの監査上の重要な問題を検討
・PCAOB、基準設定のアジェンダを更新
・SECのテオティア氏、収益認識について語る

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(229KB,PDF)
お役に立ちましたか?