ナレッジ

監査委員会に関する委任状開示の増加

監査委員会に関する自主的な委任状開示が継続的に増加

S&P 100企業の2017年の委任状に関するデロイトの分析によると、過去数年間にわたり、企業は概して監査委員会の役割と活動に関する自主的な開示を増加させてきました。<Audit Committee Briefニュースレター2017年8月>

関連コンテンツ

Audit Committee Briefニュースレター2017年8月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。

・監査委員会に関する委任状開示の増加
・新収益基準の適用、会計以外での課題を提起
・サーベンス・オクスリー法と監査委員会を検討するビデオ・シリーズ
・人工知能による会計専門職の新しい形とは
・SEC、PCAOBによる監査報告書の変更に対するコメント募集を開始

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(182KB, PDF)
お役に立ちましたか?