ナレッジ

SEC PCAOB新基準を承認

監査人の報告書の変更を要求するPCAOB基準を承認

SEC委員長Jay Clayton氏は、監査人が監査に対する有益な洞察を投資家に提供するという当基準の目的を強く支持し、SECとPCAOBが、当新基準の導入により生じる結果を監視する意向であると述べました。新監査基準では、現行の「適正/不適正」アプローチは継続されますが、監査人の報告書に含めるべき情報が大幅に増加します。<Audit Committee Briefニュースレター2017年11月>

Audit Committee Briefニュースレター2017年11月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。

・SEC、監査人の報告書の変更を要求するPCAOB基準を承認
・共和党、歳入委員会で詳細な税制改革法案を公表
・NACD、企業文化の監視に積極的なアプローチを取るよう取締役会に要求
・CAQ、2017年の「監査委員会の透明性の指標」を公表
・SECコメントレター—業界に関する洞察を含む(2017年)
・2017年のIFRS in Your Pocket
・SASB、ESGの開示基準を公表
詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(474KB, PDF)
お役に立ちましたか?