ナレッジ

SEC 税制改革法に関するガイダンスを公表

適時な開示を明確にするガイダンスを公表しました

SECは、2017年12月に成立した税制改革法に関し、職員会計公報第118号ならびにコンプライアンスおよび開示に関する新たな解釈指針を公表し、新税法が会計に与える影響についての適時な情報開示を明確にしました。<Audit Committee Briefニュースレター2018年1月>

Audit Committee Briefニュースレター2018年1月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。

・税制改革
・PCAOBの新たな監査人の報告モデル
・新GAAP基準の適用
・リスクの監視
・増加する監査委員会の開示

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(PDF, 480KB)
お役に立ちましたか?