新リース基準の準備状況

IFRS第16号とASC 842の準備状況に関する調査をグローバルで実施

2016年第1四半期に国際会計基準審議会が公表したリース基準(IFRS第16号)とFASBが公表したリース基準(ASC 842)は概ねコンバージェンスされています。大部分の企業において、両基準は2019年に開始する財務報告期間から適用となります。デロイトは、IFRS第16号とASC 842の導入にかかわる複雑性を評価するため、両基準の準備状況に関する調査をグローバルで実施しました。

Audit Committee Briefニュースレター2018年9月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。

・SEC、開示に関する要求を更新し簡素化する 最終規則を発行表
・新リース基準の準備状況
・税制改革に関するよくある質問
・四半期決算報告が議論の中心に
・監査人の報告書に関する指針の更新
・FASB、クラウドコンピューティングの取決めに関する指針を修正
・FASB、公正価値測定の開示を修正

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
英語版

(PDF, 471KB)
お役に立ちましたか?