ナレッジ

2018年における規制および基準の進展

Quarterly accounting roundup: Year in review – 2018

「Quarterly accounting roundup: Year in review – 2018」は、2018年における規制および基準の数々の進展を取り上げています。サイバーセキュリティ、リース、クラウド・コンピューティングおよび提携契約、監査上の重要な検討事項(CAM)ならびに関連当事者に関するガイダンスは、引き続き最重要です。

Audit Committee Briefニュースレター2019年2月

デロイト米国事務所からAudit Committee Briefが 発行されました。
今回のニュースレターでは、以下のトピックを取り上げています。

・Quarterly accounting roundup: Year in review – 2018
・CAMの開示を策定するための6つの ヒント
・非GAAP財務測定へのロードマップ-2019年版
・監査委員会にとってのリーディング・プラクティスが国際的な報告の焦点
・SEC、四半期報告書および業績リリースに対するインプットを要請
・監査・保証のアップデート-会計上の見積りに関する新たなPCAOB基準

詳細については、Audit Committee Briefニュースレターを参照ください。
≫英語版

(PDF, 195KB)
お役に立ちましたか?