ナレッジ

2016年の米国会計、監査、及び規制関連動向

Accounting Roundup: 2016年12月号発行

本号は2016年12月に米国で公表された会計、監査及び規制関連の基準書等、ならびに国際動向を要約しています。<Accounting Roundup, December 2016>

関連コンテンツ

2016年12月Accounting Roundup ニュースレター

2016年版の“Accounting Roundup: Year in Review”は、12月中のまたは2016年の過去のAccounting Roundupでは触れられなかった出来事も含め、この報告シーズンのための報告及び開示に影響する最終ガイダンスが要約されています。
2016年の重要な進展は、以下の通りです。
●FASBが新収益認識基準に関連する導入に関する論点についての複数のASUとともに待望のリースや信用損失の基準を発行したこと
●SECによる非会計基準測定尺度(Non-GAAP Measure)に対する関心の高まりや、継続的なその開示イニシアチブ
●IASBが収益認識基準や保険契約基準の修正とともに新しいリース基準を発行したこと
●2016年6月23日の英国のEU離脱に対する投票、国民投票(“Brexit Vote”)およびそれが財務報告へ与える暗示的な影響

≫英語版

 

関連するリンク

Heads Up ニュースレター Heads Up Volume23, Issue 21 (2016.7.19)
非会計基準測定への着目

Heads Upニュースレター Heads Up Volume23, Issue 18 (2016.6.17)
FASB 信用損失の会計に関する最終基準を発行

Heads Upニュースレター Heads Up Volume23, Issue 14 (2016.5.11)
FASB 新収益基準の一部改訂

お役に立ちましたか?