ナレッジ

2017年2月米国における会計・監査・規制動向

Accounting Roundup: 2017年2月号発行

本号は、2017年2月に米国で公表された会計、監査及び規制関連の基準書等、ならびに国際動向を要約しています。<Accounting Roundup, February 2017>

関連コンテンツ

2017年2月Accounting Roundup ニュースレター

デロイト米国事務所からAccounting Roundup(February 2017)が発行されました。主な記事は以下に関するものです。
 FASBによる以下2本のASU公開草案の発行(1) 従業員給付プランの、マスター・トラストの持分についての表示及び開示に関するガイダンスの提供 (2) ASC 740における法人税の開示要求の修正。
 FASBの収益認識基準ASU2014-09の要求の様々な業種での導入において、事業体を支援するためにデザインされた、AICPAによる作業草案の第2版のリリース
 SECによる、冗長、重複的、旧態依然なもの、または他のSECやU.S.GAAP、IFRSの開示要求と重複している開示要求事項を修正する規則草案の発行
内容については、下記のAccounting Roundupニュースレターを参照ください。
≫英語版

関連するリンク

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 8 (2017.3.10)
FASB 雇用者に対する株式ベースド支払の要求事項

Heads Upニュースレター Volume24, Issue 9 (2017.3.14)
FASB 確定給付の純期間給付コストに関する表示

お役に立ちましたか?