ナレッジ

2017年9月米国における会計・監査・規制動向

Accounting Roundup: 2017年第3四半期号発行

本号は、2017年第3四半期に米国で公表された会計、監査、及び、規制関連の基準書等、並びに、国際動向を要約しています。<Accounting Roundup, Third Quarter in Review 2017>

2017年9月Accounting Roundup ニュースレター

デロイト米国事務所からAccounting Roundup, Third Quarter in Review 2017が発行されました。
2017年第3四半期において、FASBは、(1) ダウンラウンド特性を含む金融商品に関する会計のガイダンスを向上させるASU (Accounting standards Update)、及び(2) ASC (Accounting Standards Codification) 815のヘッジ会計の認識と表示の要求事項を改訂するASUを発行しました。加えて、FASBは、連結ガイダンスを再編成する公開草案ASU、並びに受領及び提供された寄付 (Contribution) のガイダンスを明確にする公開草案ASUをリリースしました(後者のガイダンスは特に非営利事業体に影響があります)。
一方、SECスタッフは、FASBの新しい収益基準 (ASC606) とリース基準 (ASC842) の適用のみを目的として、非公開営利事業体の適用日を用いることを、一定の公開営利事業体が選択することに反対しないとアナウンスしました。また、SECは、(1)最近のハリケーンであるハーベイとイルマによる影響を受けた事業体にファイリングの救済措置を付与し、及び(2)ドラフトの登録書類の非公開のレビュー過程の延長に関するアナウンスメントを更新しました。
詳細については、 Accounting Roundupニュースレター(英語版)を参照ください。
≫英語版

 

お役に立ちましたか?