ナレッジ

2018年の米国における会計・監査・規制動向

Accounting Rounup: 2018年12月号発行

本号は、2018年に米国で公表された会計、監査、及び規制関連の基準書等、並びに、国際動向を要約しています。<Quarterly Accounting Roundup: Year in Review ― 2018>

2018年12月Accounting Roundup ニュースレター

デロイト米国事務所からQuarterly Accounting Roundup: Year in Review ― 2018が発行されました。
2018年にFASBより公表された主要な基準書は次の通りです。(1) クラウド・コンピューティング・アレンジメントに関するガイダンスの改訂、(2) コラボレーティブ・アレンジメントに関するガイダンスの明確化、(3) VIEの関連当事者に関するガイダンスの改訂、(4) 信用損失に関するガイダンスの限定的な改訂、(5) 開示の有効性の改善、(6) 長期の保険契約に関するガイダンスの改善、及び (7) 非営利事業体における受け取ったまたは支払った寄付に関するガイダンスの明確化。
詳細については、 Accounting Roundupニュースレター(英語版)を参照ください.
≫英語版
 

関連するリンク

Heads up ニュースレターVolume25, Issue 20 (2018.11.19)
FASBがVIEのガイダンス改善を公表

Heads up ニュースレターVolume25, Issue 19 (2018.11.13)
FASBがCollaborative Arrangementsに関するガイダンスを修正

Heads up ニュースレターVolume25, Issue 15 (2018.9.11
FASBがクラウドコンピューティング契約の指針を改訂

お役に立ちましたか?