ナレッジ

2022年第3四半期の米国における会計・監査・規制動向

Accounting Roundup: 2022年第3四半期号の発行

本号は、2022年第3四半期に米国で公表された会計、監査、及び規制関連の基準書等、並びに、国際動向を要約しています。<Quarterly Accounting Roundup — Third Quarter — 2022>

2022年9月Accounting Roundup ニュースレター

デロイト米国事務所からQuarterly Accounting Roundup —Third Quarter — 2022が発行されました。以下を含む主要な会計及び財務報告の動向について記載されています。

● FASB

  • 契約上の売却制限の対象となる持分証券の公正価値測定に関するASC 820のガイダンスを明確化する最終ASUの発行
  • 売却保険契約に係る移行ガイダンスに関するASU案
  • 税額控除ストラクチャーへの投資の会計処理に関するASU案

● SEC

  • 報酬と業績の関係についての開示要求を修正する最終規則ー登録企業に関する特定の役員報酬と業績指標の開示要求
  • 内部告発プログラムに関する規則を修正する最終規則
  • EGCs収益閾値に係るインフレ調整の最終規則
  • SECによる2022-2026年の戦略計画案の公表とコメントの募集(2022年9月29日期限)

● PCAOB

  • PCAOBが中国当局との間で協定に署名-中国と香港に拠点を置く監査法人に対するPCAOBによる完全な検査と調査を可能にするための最初の一歩
  • PCAOBによる5年間の戦略計画案を公表とコメントの募集(2022年9月15日期限)

詳細については、 Accounting Roundupニュースレター(英語版)を参照ください。

≫英語版

関連するリンク

Heads Up ニュースレターVolume29, Issue 09 (2022 9. 2)
SECが報酬と業績の関係の開示に関する最終規則を発行

Heads Up ニュースレターVolume29, Issue 08(2022 7. 1)
FASBがASU 2022-03を発行

お役に立ちましたか?