ナレッジ

「監査役に期待されるITガバナンスの実践」の解説

ITガバナンスの確立に向けて

平成23年8月に公益社団法人日本監査役協会のIT ガバナンス研究会より、「監査役に期待されるIT ガバナンスの実践」という報告書が公表された。 本報告書の前半に記載されたIT ガバナンスの総論部分、すなわちIT ガバナンスへの取組みのフレームワークについて概要を紹介するとともに、ITガバナンスの確立に向けて、監査役の方々のみならず取締役あるいは管理者の方々がどのような点に留意して取り組むべきかについて解説する。

日本監査役協会が作成・公表した報告書の解説

平成23年8月に公益社団法人日本監査役協会(以下「日本監査役協会」という)のIT ガバナンス研究会より、「監査役に期待されるIT ガバナンスの実践」という報告書(以下「本報告書」という)が公表された。本報告書は企業におけるIT の利活用の進展に伴いリスクが高まっていることを踏まえ、監査役の立場からIT ガバナンスをどのように理解し、取り組めば良いかについて、フレームワークと最低限留意すべきポイントを提示している。

 本稿では本報告書の前半に記載されたIT ガバナンスの総論部分、すなわちIT ガバナンスへの取組みのフレームワークについて概要を紹介するとともに、ITガバナンスの確立に向けて、監査役の方々のみならず取締役あるいは管理者の方々がどのような点に留意して取り組むべきかについて解説したい。

なお、本文中の意見に関する部分は筆者の私見である旨、予めお断りしておく。

 

 

本資料は以下の構成でまとめている。

1.本報告書の構成と本稿の目的

2.ITガバナンス概念登場の背景

3.コーポレート・ガバナンス、IT ガバナンス、IT管理の関係

4.IT ガバナンスの重要性と監査役としての関わり方

5.監査役から見たIT ガバナンスとはどのようなものか

 5.1 ITガバナンスとは何か

 5.2 ITガバナンスが目指すもの

 5.3 ITガバナンスを構成する要素とは

 5.4 IT ガバナンスの全体像(フレームワーク)

6.結びに代えて

(2.3MB, PDF)
お役に立ちましたか?

関連トピック