ナレッジ

2016年2月保険 会計及び財務報告アップデート

保険会社にとって2015年に起こったいくつかの注目すべき基準設定の進展

(1)短期保険契約の開示に関する新しいガイダンスの発行、(2)長期保険契約に関するFASB(米国財務会計基準審議会)の取り組み、(3)SECによるルール策定への継続的なフォーカス、特に、ドッド・フランク法のもとで義務付けられたアクションの完遂に向けた尽力に関連したものについて説明しています。

保険 会計及び財務報告アップデート(2016年2月)

デロイト米国事務所からFinancial Services Industry: Insurance - Accounting and Financial Reporting Update(2016年2月版)が 発行されました。
2015年に注目された、1)短期保険契約の開示に関する新しいガイダンスの発行、(2)長期保険契約に関するFASB(米国財務会計基準審議会)の取り組み、(3)SECによるルール策定への継続的なフォーカス、特に、ドッド・フランク法のもとで義務付けられたアクションの完遂に向けた尽力に関連したものについて説明しています。
詳細については、本文及び日本語翻訳版を参照ください。
≫英語版

(3,783KB,PDF)
お役に立ちましたか?