ナレッジ

開示後発事象

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「開示後発事象」について解説しています。

関連コンテンツ

「開示後発事象」は、決算日後において発生し、当該事業年度の財務諸表には影響を及ぼさないが、翌事業年度以降の財務諸表に影響を及ぼす会計事象である。したがって、重要な後発事象については、会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する的確な判断に資するため、当該事業年度の財務諸表に注記を行うことが必要となる。

【参照基準等】 
 後発事象に関する監査上の取扱い 3(2)
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック