ナレッジ

間接法

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「間接法」について解説しています。

関連コンテンツ

「間接法」とは、税金等調整前当期純利益に、非資金損益項目、営業活動に係る資産及び負債の増減並びに「投資活動によるキャッシュ・フロー」及び「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に含まれるキャッシュ・フローに関連して発生した損益項目を加減算して「営業活動によるキャッシュ・フロー」を表示する方法をいう。

【参照基準等】 
 連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針 12
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック