ナレッジ

企業結合における「逆取得」

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「逆取得」について解説しています。

関連コンテンツ

「逆取得」とは、企業結合のうち、次に掲げるものをいう。
一 吸収合併により消滅する企業が存続し、存続会社を取得すると考えられる企業結合
二 吸収分割会社又は現物出資を行つた企業が、吸収分割承継会社又は現物出資を受けた企業を取得することとなる企業結合
三 株式交換完全子会社が株式交換完全親会社を取得することとなる企業結合

【参照基準等】 
 財務諸表等規則 第8条.36
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック