ナレッジ

事業セグメント

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「事業セグメント」について解説しています。

関連コンテンツ

「事業セグメント」とは、企業の構成単位で、次の要件のすべてに該当するものをいう。
(1) 収益を稼得し、費用が発生する事業活動に関わるもの(同一企業内の他の構成単位との取引に関連する収益及び費用を含む。)
(2) 企業の最高経営意思決定機関が、当該構成単位に配分すべき資源に関する意思決定を行い、また、その業績を評価するために、その経営成績を定期的に検討するもの
(3) 分離された財務情報を入手できるもの
ただし、新たな事業を立ち上げたときのように、現時点では収益を稼得していない事業活動を事業セグメントとして識別する場合もある。
企業の本社又は特定の部門のように、企業を構成する一部であっても収益を稼得していない、又は付随的な収益を稼得するに過ぎない構成単位は、事業セグメント又は事業セグメントの一部とならない。

【参照基準等】 
 セグメント情報等の開示に関する会計基準 6,7
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック