ナレッジ

製品との関連における分類

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「製品との関連における分類」について解説しています。

関連コンテンツ

「製品との関連における分類」とは、製品に対する原価発生の態様、すなわち原価の発生が一定単位の製品の生成に関して直接的に認識されるかどうかの性質上の区別による分類であり、原価要素は、この分類基準によってこれを直接費と間接費とに分類する。

1  直接費は、これを直接材料費、直接労務費および直接経費に分類し、さらに適当に細分する。

2  間接費は、これを間接材料費、間接労務費および間接経費に分類し、さらに適当に細分する。

【参照基準等】 
 原価計算基準 第二章.第一節.八(三)
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック