ナレッジ

総額主義の原則

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「総額主義の原則」について解説しています。

関連コンテンツ

「総額主義の原則」とは、費用及び収益は、総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺することによってその全部又は一部を損益計算書から除去してはならないとする原則である。

【参照基準等】 
 企業会計原則 第二.一.B
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック