ナレッジ

賃貸等不動産

【会計・監査用語集】 

「会計・監査用語集」のページです。「賃貸等不動産」について解説しています。

関連コンテンツ

「賃貸等不動産」とは、棚卸資産に分類されている不動産以外のものであって、賃貸収益又はキャピタル・ゲインの獲得を目的として保有されている不動産(ファイナンス・リース取引の貸手における不動産を除く。)をいう。したがって、物品の製造や販売、サービスの提供、経営管理に使用されている場合は賃貸等不動産には含まれない。

【参照基準等】 
 賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準 4(2)
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック