ナレッジ

年金資産

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「年金資産」について解説しています。

関連コンテンツ

「年金資産」とは、特定の退職給付制度のために、その制度について企業と従業員との契約(退職金規程等)等に基づき積み立てられた、次のすべてを満たす特定の資産をいう。
(1) 退職給付以外に使用できないこと
(2) 事業主及び事業主の債権者から法的に分離されていること
(3) 積立超過分を除き、事業主への返還、事業主からの解約・目的外の払出し等が禁止されていること
(4) 資産を事業主の資産と交換できないこと

【参照基準等】 
 退職給付に関する会計基準 7
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?