ナレッジ

発生主義の原則

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「発生主義の原則」について解説しています。

「発生主義の原則」とは、すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。ただし、未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならないとする原則である。

【参照基準等】 
 企業会計原則 第二.一.A
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック