ナレッジ

ヘッジ会計

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「ヘッジ会計」について解説しています。

関連コンテンツ

「ヘッジ会計」とは、ヘッジ取引のうち一定の要件を充たすもの(注)について、ヘッジ対象に係る損益とヘッジ手段に係る損益を同一の会計期間に認識し、ヘッジの効果を会計に反映させるための特殊な会計処理をいう。

(注)ヘッジ取引について
ヘッジ取引についてヘッジ会計が適用されるためには、ヘッジ対象が相場変動等による損失の可能性にさらされており、ヘッジ対象とヘッジ手段とのそれぞれに生じる損益が互いに相殺されるか又はヘッジ手段によりヘッジ対象のキャッシュ・フローが固定されその変動が回避される関係になければならない。なお、ヘッジ対象が複数の資産又は負債から構成されている場合は、個々の資産又は負債が共通の相場変動等による損失の可能性にさらされており、かつ、その相場変動等に対して同様に反応することが予想されるものでなければならない。

【参照基準等】 
 金融商品に関する会計基準 29 注11
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック