ナレッジ

無限定の結論

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「無限定の結論」について解説しています。

「無限定の結論」とは、監査人が、経営者の作成した四半期財務諸表について、一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、企業の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった場合の結論。

【参照基準等】 
 四半期レビュー基準 第三.5
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック