ナレッジ

持分法

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「持分法」について解説しています。

「持分法」とは、投資会社が被投資会社の資本及び損益のうち投資会社に帰属する部分の変動に応じて、その投資の額を連結決算日ごとに修正する方法をいう。

【参照基準等】 
 持分法に関する会計基準 4
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック