ナレッジ

リース取引

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「リース取引」について解説しています。

「リース取引」とは、特定の物件の所有者たる貸手(レッサー)が、当該物件の借手(レッシー)に対し、合意された期間(リース期間)にわたりこれを使用収益する権利を与え、借手は、合意された使用料(リース料)を貸手に支払う取引をいう。

【参照基準等】 
 リース取引に関する会計基準 4
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック