ナレッジ

税務上の欠損金

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「税務上の欠損金」について解説しています。

「税務上の欠損金」とは、法人税等に係る法令の規定に基づき算定した各事業年度の所得の金額の計算上、当該事業年度の損金の額が益金の額を超える場合におけるその超える部分の金額をいう。

【参照基準等】 
 税効果会計に係る会計基準の適用指針4(7)

【用語解説作成日】 
 2020年1月15日

お役に立ちましたか?