ナレッジ

アウトプット法      

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「アウトプット法」について解説しています。

アウトプット法は、現在までに移転した財又はサービスの顧客にとっての価値を直接的に見積るものであり、現在までに移転した財又はサービスと契約において約束した残りの財又はサービスとの比率に基づき、収益を認識するものである。アウトプット法に使用される指標には、現在までに履行を完了した部分の調査、達成した成果の評価、達成したマイルストーン、経過期間、生産単位数、引渡単位数等がある。

【参照基準等】 
 収益認識に関する会計基準の適用指針 17

【用語解説作成日】 
 2020年7月6日

 
 
 
 
お役に立ちましたか?