ナレッジ

インプット法      

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「インプット法」について解説しています。

インプット法は、履行義務の充足に使用されたインプットが契約における取引開始日から履行義務を完全に充足するまでに予想されるインプット合計に占める割合に基づき、収益を認識するものである。インプット法に使用される指標には、消費した資源、発生した労働時間、発生したコスト、経過期間、機械使用時間等がある。企業のインプットが履行期間を通じて均等に費消される場合には、収益を定額で認識することが適切となることがある。

====================================

【参照基準等】 
 収益認識に関する会計基準の適用指針 20

【用語解説作成日】 
 2020年7月6日

 
 
 
 
お役に立ちましたか?