ナレッジ

受取利息及び受取配当金等に課される源泉所得税      

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「受取利息及び受取配当金等に課される源泉所得税」について解説しています。

「受取利息及び受取配当金等に課される源泉所得税」とは、所得税法(昭和40年法律第33号)第174条各号に規定する利子等、配当等、給付補てん金、利息、利益、差益、利益の分配又は賞金の支払を受ける場合に、同法の規定により課される所得税をいう。

====================================

【参照基準等】 
 法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準 4(5)

【用語解説作成日】 
 2020年7月6日

 
 
 
 
お役に立ちましたか?