ナレッジ

監査の固有の限界

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「監査の固有の限界」について解説しています。

関連コンテンツ

監査の固有の限界は、以下を原因として生じる。
・財務報告の性質
財務諸表の作成には、経営者の判断を伴い、また、多くの財務諸表項目には、主観的な判断や評価又は不確実性が関連しており、合理的と考えられる解釈や判断に幅が存在することがあること。
・監査手続の性質
監査人による監査証拠の入手には、実務上及び法令上の限界があること。
・監査を合理的な期間内に合理的なコストで実施する必要性
存在する可能性のある全ての情報を監査人が考慮することや、反証されない限りは、情報には誤謬又は不正が存在するという仮定に基づいて全ての事項を監査人が徹底的に追及したりすることは実務上不可能であるということ。

【参照基準等】 
 監基報200 A44項
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック