ナレッジ

限定意見

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「限定意見」について解説しています。

関連コンテンツ

監査人が、以下の場合、表明しなければならない意見をいう。
(1) 監査人が、十分かつ適切な監査証拠を入手した結果、虚偽表示が財務諸表に及ぼす影響が、個別に又は集計した場合に、重要であるが広範ではないと判断する場合
(2) 監査人が、無限定意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手できず、かつ、未発見の虚偽表示がもしあるとすれば、それが財務諸表に及ぼす可能性のある影響が、重要であるが広範ではないと判断する場合

【参照基準等】 
 監基報705 第6項
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日 

お役に立ちましたか?

関連トピック