ナレッジ

合意された手続業務

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「合意された手続業務」について解説しています。

関連コンテンツ

業務実施者が、主題に責任を負う者又は特定の利用者との間で合意された手続に基づき発見した事項のみを報告する業務をいう。これは、実施される手続が主題に責任を負う者又は限られた利用者との間の合意によって特定されるため、業務実施者が自らの判断により証拠を入手しないこと、及び、手続の結果のみが報告され結論が報告されないことから、保証業務の定義を満たさない。
(合意された手続に基づく報告書は、合意された手続の背景や決定理由を知らない第三者が報告書に記載されている結果を誤って解釈するおそれがあるため、手続について合意した者以外の者による利用は制限される)。

【参照基準等】 
 保証業務の概念的枠組み 二4
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日 

お役に立ちましたか?

関連トピック