ナレッジ

分析的手続

【会計・監査用語集】

「会計・監査用語集」のページです。「分析的手続」について解説しています。

関連コンテンツ

財務データ相互間又は財務データと非財務データとの間に存在すると推定される関係を分析・検討することによって、財務情報を評価することをいう。分析的手続には、他の関連情報と矛盾する、又は監査人の推定値と大きく乖離する変動や関係の必要な調査も含まれる。

【参照基準等】 
 監基報520 第3項
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

お役に立ちましたか?

関連トピック