ナレッジ

FASBとIASBの新しい収益認識基準

新収益基準―適用及び移行措置に関する見解

FASBとIASBの新しい収益基準である「顧客との契約から生じる収益」の適用に関する検討事項について説明しています。<Heads Up Volume23, Issue 2 (2016.1.14)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume23, Issue 2 (2016.1.14)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 23, Issue 2) The New Revenue Standard — Adoption and Transition Observationsが発行されました。
今回のニュースレターは、FASBとIASBの新しい収益基準である「顧客との契約から生じる収益(Revenue From Contracts With Customers)」の適用に関する検討事項について記載しています。デロイトがスポンサーとなった調査における、基準の条項の適用準備に関する回答者への様々な質問の結果を中心に記載しています。
内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume23, Issue2
≫英語版
 

(455KB, PDF)

関連するリンク

2015年版Accounting Roundup – Year in Reviewニュースレター
2015年12月米国における会計・監査・規制動向

Heads Up Volume22, Issue 34 (2015.10.2)
FASB 収益の会計基準の改訂を提案
 

お役に立ちましたか?