ナレッジ

FASB ASC715で要求されている開示の改訂

純期間給付費用の開示及び確定給付制度に関する開示のガイダンスを提案

FASBは、確定給付等に関する2つの公開草案を発行しました。<Heads Up Volume23, Issue 3 (2016.1.28)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume23, Issue 3 (2016.1.28)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 23, Issue 3) FASB Proposes Guidance on Presentation of Net Periodic Benefit Cost and Disclosures Related to Defined Benefit Plansが発行されました。
今回のニュースレターでは、FASBが最近発行した2つの公開草案、(1)確定給付年金及び純期間退職後給付費用の開示の改善、(2) 確定給付制度の開示に関連する規定の改訂、について記載しています。公開草案は、ASC715で要求している、(1)確定給付年金及び事業体が提供するその他の退職後制度に関する純期間給付費用の構成要素についての損益計算書における開示 (2)これらの確定給付制度の開示、について改訂をする予定です。両公開草案に対するコメント期限は2016年4月25日です。
内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume23, Issue3
≫英語版
 

(494KB, PDF)
お役に立ちましたか?