ナレッジ

FASB IASBに続き新リース会計基準をリリース

新リース会計基準、多くの要素をオンバランス化

FASBが2016年2月25日に発行したASU 2016-02, Leasesついて記載しています。<Heads Up Volume23, Issue 5 (2016.3.1.)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume23, Issue 5 (2016.3.1)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 23, Issue 5) FASB’s New Standard Brings Most Leases Onto the Balance Sheetが発行されました。
今回のニュースレターは、FASBが2016年2月25日に発行したASU 2016-02, Leasesついて説明しています。当ASUにより、既存のリース会計基準ASC Topic 840, Leasesは廃止され、新リース会計基準ASC Topic 842, Leasesが新設されます。
当ニュースレターでは、IASBとの合同プロジェクトの結果として発行されたリース基準であるASU 2016-02とIFRS 16, Leasesとの特筆すべき相違点、当ASUにおける新リース会計基準の全体的な概観、及びその導入に当たっての考慮事項について説明しています。
詳細な内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume23, Issue 5
≫英語版
 

(908KB,PDF)

関連するリンク

Heads Up Volume22, Issue 3 (2015.2.2)
FASB 金融商品の分類及び測定

Heads Up Volume22, Issue 40 (2015.12.8)
FASB 公正価値測定に関する開示要求の改訂を提案
 

お役に立ちましたか?