ナレッジ

FASB 株式報酬会計基準を簡素化(改訂)

公開企業と非公開企業の株式報酬取引簡素化のためASU 2016-09を発行

2016年3月31日発行のHeads Upニュースレター FASB simplifies the accounting for share-based paymentsの改訂版として発行されました。<Heads Up Volume23, Issue 13 (2016.4.21)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume23, Issue 13 (2016.4.21)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 23, Issue 13) FASB Simplifies the Accounting for Share-Based Paymentsが発行されました。
当ニュースレターにより、2016年3月31日に発行されたHeads Upニュースレター FASB simplifies the accounting for share-based payments は廃止されます。
当ニュースレターは、FASBが2016年3月30日に発行したASU2016-09、Improvements to Employees Share-Based Payment Accountingについて説明しています。ASU2016-09は、公開企業及び非公開企業の株式報酬取引に関するいくつかの側面の会計処理を簡素化しており、キャッシュ・フロー計算書内での分類、法人税、失効(forfeitures)、や源泉徴収等が含まれます。
今回のニュースレターには、株式報酬取引の差金決済の条件を、最低の法定税率より最高の法定税率に変更することに関し、FASBとSECスタッフで最近議論された内容が改訂として含まれています。改訂ニュースレターには、このような変更は修正(modification)として会計処理されないことが記載されています。
内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume23, Issue 13
≫英語版
 

(449KB,PDF)

関連するリンク

Heads Up ニュースレター Volume23, Issue 7 (2016.3.16)
FASB 非公開会社の代替的会計処理の適用を変更

2016年4月 TRG Snapshot 収益に関する会議
FASBとIASB共同開催、収益認識に関するTRG会議

お役に立ちましたか?