ナレッジ

FASB 連結規定改訂 共通支配下の関連当事者持分

VIEの意思決定者が主要受益者か否かの決定に関する規定を改訂

当ニュースレターは、FASBが10月26日付で発行したASU2016-17—Consolidation (Topic 810): Interests Held through Related Parties That Are under Common Control.について記載しています。<Heads Up Volume 23, Issue28 (2016.11.1)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume 23, Issue28 (2016.11.1)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 23, Issue 28) FASB Amends Consolidation Guidance on Interests Held Through Related Parties Under Common Controlが発行されました。
今回のニュースレターは、FASBが10月26日付で発行したASU2016-17—Consolidation (Topic 810): Interests Held through Related Parties That Are under Common Control.について記載しています。
当ASUは、共通支配下にある関連当事者を通じて保有されている、単一の意思決定者の持分評価において、当意思決定者は変動持分事業体(VIE)の主要受益者か否かを決定する場合に適用されます。
内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume 23, Issue 28

≫英語版
 

(847KB,PDF)

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume23, Issue 27 (2016.10.25)
FASB グループ内資産移管の会計処理を簡素化

Heads Up ニュースレター Volume 23, Issue26 (2016.9.23)
FASB コーラブル債務証券に係るプレミアムの償却期間の改訂

お役に立ちましたか?